So-net無料ブログ作成

30分前に不審男目撃 東大阪の中古車店長切りつけ事件(産経新聞)

 大阪府東大阪市の中古車販売店で10日夜、なたのような刃物を持った男が、店長を切りつけた殺人未遂事件で、約30分前から店の周辺をぶらつく不審な男が目撃されていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。店長は切られた際の衝撃で右足と右肩を骨折していたことも判明。河内署捜査本部は逃げた男の特定を急ぐ。

 府警によると、東大阪市西鴻池町の中古車販売店「ダイエツオート」で、明田行平店長(32)が午後8時ごろ店を閉め、戸締まりをしていた8時20分ごろ、突然、背後から襲撃。足や肩など6カ所を長さ10〜20センチにわたって切られ、重傷を負ったという。

 捜査関係者によると、閉店直前の7時50分ごろから店の様子をうかがう緑色のつなぎの作業服の男が、複数の通行人らに目撃されていた。また事件直後にも現場から急いで立ち去る男が目撃されていたという。

【関連記事】
幼な子の前で…別居中の妻に切り付け自殺図り重傷 離婚調停中
入店直後、最短距離の男性襲う 大阪のパチンコ店刺殺
「殺したろか」深夜に50歳女性、顔切りつけられけが 大阪・浪速
居酒屋で客切りつけた容疑で逮捕 川口
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<南アW杯>日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
高速道路5社、会長・社長が一斉交代(レスポンス)
<東京メトロ東西線>車両から煙 一時、運転を見合わせ(毎日新聞)
<囲碁>本因坊戦第3戦 山下天元、持ち前のパワーを発揮(毎日新聞)
<最高裁長官>裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)

国民年金納付率、過去最低更新へ=09年度、2月分までで59.4%(時事通信)

 厚生労働省は1日、2009年4月〜10年2月分の国民年金の保険料納付率が前年度同期比2.1ポイント減の59.4%になったと発表した。保険料は前納でまとめて納付することが多いため、3月分の納付率が大幅にアップすることは見込めず、09年度の納付率は過去最低となった08年度の62.1%を下回ることが確実な情勢だ。納付率が前年度を下回るのは4年連続。
 納付率が低下を続ける背景には、不況に伴い勤めていた企業を解雇され、国民年金に加入したものの保険料が払えないケースが増えていることや、年金記録問題に対する不信感が払しょくされておらず、支払いを拒否する例が依然多いことなどがあるとみられる。
 加えて、同省は「最優先課題の年金記録問題に人員をシフトし、保険料徴収に人を割けなかったことが要因の一つではないか」(年金局)と分析。納付率低下の原因を究明した上で、徴収体制強化などの対策を講じる考えだ。 

【関連ニュース】
年金保険料などを免除・猶予=口蹄疫対策で
賠償26億円に大幅減額=西武鉄道株名義偽装
年金減額「適法」確定=りそな銀退職者の上告退ける
民主公約の基本概念
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で

両陛下、芸術院授賞式に(時事通信)
【近ごろ都に流行るもの】トマトラーメン 健康志向追い風 赤い定番(産経新聞)
未明の池袋繁華街、解体工事現場で発砲2発(読売新聞)
<長官狙撃>「不適切な点なし」都公安委…アレフの苦情に(毎日新聞)
検察審査会に説明求めた民主・辻議員に質問状(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。